引っ越し

水曜日, 1月 7th, 2015

アルバイトの定番と言えば、販売系(接客、レジ打ち)、力仕事(建築、引っ越し)だと思うのですが、力仕事でもちょっと変わっているのが、企業の引っ越しかと思います。

一般的な事務所の引っ越しの場合は、家庭の引っ越しと違い、とてつもなく重たい機器や配線、レイアウトってのがあるのです。

その中でもテナント系の引っ越しはものすごく大変です。

sample_041.jpg

一度、一斉改装という事で、営業時間が終わった9時から作業を開始したのですが、フロアー全体の改装だったので、商品を分けて、少ないエレベーターで下して、カゴ車にバンバン詰めてトラックに載せます。

大変だったのは、フロアーの半分くらいの改装なので、翌日の営業があります。

つまり、翌日の営業時間までに粗方は運び出す必要があるのです。

商品はもちろんですが、レイアウトに使用した什器なども結構重たい、高い物が多く、現場を仕切るリーダーとお店の人からはバンバン怒られます。

そして、やる方は人海戦術なので、寄せ集めもいいところで、初めて参加するアルバイトは、何がなんやらわからない状態です。

徹夜は、もちろんですが、だんだんと明日は休めば・・・なんて考えがよぎり始めるとダメです。

集中力が切れている証拠なので、ミスが連発します。

適度な休憩を入れての作業でしたが、本当に大変でした。

今もビルがドンドン立っているので、同じ苦労をする若者がいるはずです。